検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
タージ・マハルの建築に用いられたとされるマクラーナーの大理石を用いた美しい彩色のカールッティケーヤ神像
カールッティケーヤ神像(大理石、彩色、高さ約30cm、約6.8kg)(受注発注品)
74,800円(税込)
7480 ポイント還元(土日祝限定10%ポイント還元実施中!)
1点在庫あり。ご注文はお早めに。
購入数

MIC12
カールッティケーヤ神像(大理石、彩色、高さ約30cm、約6.8kg)(受注発注品)
74,800円(税込)
7480 ポイント還元(土日祝限定10%ポイント還元実施中!)
ラージャスターン州のマクラーナーで採掘された質の良い大理石を用いた美しいカールッティケーヤ神像です。耐久性のある丁寧な彩色が施され、カールッティケーヤ神の美しさを際立てています。

カールッティケーヤの名前には、「クリッティカー(すばる、プレアデス星団)と結びついているもの」の意味があります。軍神スカンダ、クマーラ、ムルガン、スブラフマニヤとしても知られています。

カールッティケーヤは、戦争に最も適するカールッティカ月(10月〜11月)と関係しており、軍神として古くから信奉され、クシャーナ王朝のフヴィシュカ王の貨幣にも彫られています。

叙事詩の伝説においては、彼はシヴァ神、あるいはルドラの子であるとされます。
シヴァ神が精液を火(アグニ)に注ぎ、それがガンガー女神に受け入れられ、その結果としてカールッティケーヤが生まれました。

彼はクリッティカー(すばる星団)によって育てられたので、6つの頭を持ち(すばる座は6星)、カールッティケーヤと呼ばれます。

彼の父はアグニといわれることもあり、母はガンガー女神ともパールヴァティーともいわれます。
彼は片手に弓を持ち、他方の手に矢を持ち、パラヴァーニというクジャクに乗った姿で表されます。

彼の妻の名前は、クマーリー、あるいはセーナー(軍隊の意)といわれます。

カールッティケーヤには以下のような別名があります。
マハーセーナ(偉大な戦士)
セーナーパティ(軍勢の指導者)
グハ(神秘的な者)
シャクティダラ(槍を持つ者)
ガンガープトラ(ガンガー女神の息子)
ターラカジット(ターラカの征服者)
ドヴァーダシャカラ(12の手を持つ者)
ドヴァーダシャークシャ(12の眼を持つ者)
(参考文献:菅沼晃編「インド神話伝説辞典」東京堂出版)

マクラーナーはラージャスターン州にある小さな町です。大理石が豊富に採掘されることで有名な町であり、タージ・マハルはマクラーナーの白大理石を用いて建築されたともいわれます。

サイズ
高さ:約30cm
底部:約20.3cm×約10.2cm
重量:約6.8kg
材質:白大理石

※この商品は、受注発注品となっております。
在庫はインドで保管されているため、万が一品切れの際はご返金にて対応させていただきます。
また、納期まで一ヶ月前後かかる予定です。
デザインの細部は、画像と異なる場合がございます。
インドより出荷前に簡潔なプージャーが実施されますが、個人名でのプージャーをご希望の場合は、プラーナプラティシュタ・プージャーを合わせてご注文の上、ご祈祷名をお知らせください。
この商品を購入する