検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
シルバー装飾が施されたクリシュナ愛用のトゥラシー(ホーリーバジル)の数珠(ネックレス・マーラー)
トゥラシー・シルバー・マーラー(デザイナーキャップデザイン)(受注製作)
4,800円(税込) 〜 8,800円(税込)
290 ポイント還元
各オプションの詳細情報
デザイン
 
・6〜7mmサイズ、54+1ビーズ、長さ約66cm
・6〜7mmサイズ、54ビーズ、長さ約66cm
・4mmサイズ、108+1ビーズ、長さ約96cm
・8mmサイズ、54+1ビーズ、長さ約71cm
購入数

SR44
トゥラシー・シルバー・マーラー(デザイナーキャップデザイン)(受注製作)
4,800円(税込) 〜 8,800円(税込)
290 ポイント還元
トゥラシー(ホーリー・バジル)は和名カミメボウキと呼ばれ、ヒンドゥー教ではもっとも神聖な植物のひとつとなっています。

トゥラシーは、ヴィシュヌの妻であるラクシュミーの化身、またラーマ王子の妻シーターの化身ともいわれています。トゥラシーはまたの名をハリプリヤー(ヴィシュヌの愛人)、ブーターグニー(悪を滅ぼす者)とも知られています。

トゥラシーにまつわるもっとも有名な神話には、次のようなものがあります。
昔、トゥラシーという名の女性がヴィシュヌ神に恋をし、妻になろうと苦行を行いました。しかし、これを知ったヴィシュヌの妻ラクシュミーは激怒し、トゥラシーに呪いをかけて、樹に変えてしまいました。それをあわれに思ったヴィシュヌは、彼女を慰めるためにシャーリグラーマという菊石に姿を変え、つねにトゥラシーの樹のそばにいて彼女を見守っていたということです。
このような伝説にまつわり、ある地方では毎年、シソ科の植物であるトゥラシーとアンモナイトの化石であるシャーリグラーマの結婚式がいまでも行われているといいます。

トゥラシーは、科学的にもさまざまな薬効が報告されています。またそれを身につけることで、帰依の心と、ハートに内在する愛をはぐくむ助けになるといわれております。

トゥラシーの数珠は、ラーマ、クリシュナ、またヴィシュヌ神を礼拝するために用いられ、「オーム ナモー ナーラーヤナ」「オーム シュリー ラーマーヤ ナマハ」「オーム ラーダー クリシュナーヤ ナマハ」などのマントラを唱えるのに適しています。

このマーラーは、トゥラシーにシルバーのデザイナーキャップ装飾が施された美しいマーラーです。ネックレスとしてもご利用いただけます。

※ご希望のマーラーのデザインをオプションにてお選びください。
・6〜7mmサイズ、54+1ビーズ、長さ約66cm
・6〜7mmサイズ、54ビーズ、長さ約66cm
・4mmサイズ、108+1ビーズ、長さ約96cm
・8mmサイズ、54+1ビーズ、長さ約71cm

※トゥラシーの性質上、ビーズに欠けや節などがある場合がございますので、ご了承ください。

※この商品は、インドでの受注製作品となっておりますので、納期まで一ヶ月前後かかる予定です。
デザインの細部は、画像と異なる場合がございます。
インドより出荷前に簡潔なプージャーが実施されますが、個人名でのプージャーをご希望の場合は、プラーナプラティシュタ・プージャーを合わせてご注文の上、ご祈祷名をお知らせください。
この商品を購入する