検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • マハー・シヴァラートリー

マハー・シヴァラートリーについて


シヴァラートリーとは「シヴァの夜(ラートリー)または吉兆の夜」という意味です。シヴァラートリーは、毎月、満月から13日夜/14日目にあたります。しかし、特にパールグナ月(マーガ月となる地域もあります。2月〜3月)のシヴァラートリーは、マハー・シヴァラートリーと呼ばれ、一年の内でもっとも神聖な夜として知られています。

この夜、シヴァ神の信者たちは、断食をし、睡眠を絶ち霊性修行に励みます。シヴァラートリーは、月が満月から新月へと変化する境目です。充ち満ちた欲望(月)がやがて消滅していくように、満月から新月へと変化するシヴァラートリーの日に霊性修行に励むことで、欲望を滅し、解脱へと至る精神力が獲得できると信じられてきました。

シヴァラートリーの日は、シヴァ神を崇めるもっとも神聖な日です。この日には、シヴァリンガムを崇めたり、あるいは、シヴァ神の御名やルドラムを唱えたり、バジャンを歌ったり、瞑想を行うことがすすめられています。またルドラークシャを身に着けるのにもっとも適した日であるとも言われています。シヴァ・パンチャクシャラ・マントラ(オーム・ナマ・シヴァーヤ)も、この日に唱えることで、大きな功徳をもたらすといわれます。

シヴァラートリーの日には、さまざまな言い伝えが残されています。

この日、シヴァ神はパールヴァティー女神と結婚をしたと言われています。シヴァとシャクティとの永遠の合一である非常に吉兆な日です。シヴァ神はエネルギーの原始であり、シャクティと共に創造者として、そしてマハーカーラとしては破壊者でもあります。

またシヴァ神が保護と維持、そして破壊のダンス「タンダヴァの踊り」を舞い、宇宙を創造したのも、この日であると言われています。

猛毒ハーラーハラが世界を焼き尽くそうとしたとき、神々の願いに応え、シヴァ神はハーラーハラの猛毒を飲みほし、世界を救いました。ハーラーハラは、シヴァ神にとっても強大な猛毒であったため、シヴァ神の首が猛毒で青くなり、このためにシヴァ神は、ニーラカンタ(ニーラ[青]カンタ[首])と呼ばれるようになった話は有名です。

シヴァ神にはさまざまな特性があり、マハーヨーギーとして、チャンドラシェーカラとして、ガンジス河の始まりとして、そして彼こそがこの宇宙のタントラ(テクニック)を理解する唯一のアゴーラ(シヴァの別名)でもあるとして知られています。彼は、マハーデーヴァなのです。

深い献身と共に、このマハー・シヴァラートリーの夜にマハーデーヴァを崇拝する信者たちに、シヴァ神はその至福から信者たちが望む結果を与えます。従って、あらゆる面での障害や苦難を取り除くため、この吉兆な夜に、人々は信心深くシヴァ神を崇拝するべきだと言われています。

多くの人々はこの日、早朝に体を清め、シヴァ神に心を定め一日を過ごします。断食を行う人々も少なくありません。未婚の女性たちはシヴァ神のような夫を授けられるよう、また既婚の女性たちは夫の健康と至福を願い、断食を行います。人々は夜にはシヴァ神を祀る寺院を訪れ、夜通しで賛歌を捧げ、祈り、シヴァ神を讃え瞑想します。家庭においても、夜には家族が集まりシヴァ神を讃えるプージャーが執り行われます。

マハー・シヴァラートリーは、シヴァとシャクティとの永遠の合一である非常に吉兆な日です。シヴァ神はエネルギーの原始であり、シャクティと共に創造者として、そしてマハーカーラとしては破壊者でもあります。マハーシヴァラートリーの夜、シヴァ神は保護と維持、そして破壊のダンス、ターンダヴァを躍ったと言われています。シヴァ神にはさまざまな特性があり、マハーヨーギーとして、チャンドラシェーカラとして、ガンジス河の始まりとして、そして彼こそがこの宇宙のタントラ(テクニック)を理解する唯一のアゴーラ(シヴァの別名)でもあるとして知られています。彼は、マハーデーヴァなのです。

深い献身と共に、このマハーシヴァラートリーの夜にマハーデーヴァを崇拝する信者たちに、シヴァ神はその至福から信者たちが望む結果を与えます。従って、あらゆる面での障害や苦難を取り除くため、この吉兆な夜に、人々は信心深くシヴァ神を崇拝するべきだと言われています。

シヴァラートリー・プージャーのアイテム


  • シヴァリンガ、またはシヴァ神の像
  • ビルワ(ベル)の葉
  • 朱色粉
  • アグル(神聖な香水)
  • ヴィブーティ/バスマ(乾燥させた牛糞を使った神聖な灰)、ルドラークシャ・マーラー(インドジュズノキの実によって作られたオーム・ナマ・シヴァーヤを唱えるための数珠)
  • アクシャタ(生の米)
  • お香
  • ダトゥラの花を含んだ生花
  • 樟脳
  • 油/ギー
  • 銅または真鍮製のジャルパトラ(聖水で満たされた壷または容器)
  • アビシェーカ(神への崇拝)のための、水(浄化のため)、ミルク(浄化と信心深さのため)、ヨーグルト(繁栄と子孫のため)、蜂蜜(美しい言葉のため)、ギー(勝利のため)、砂糖(幸福のため)

家庭におけるマハーシヴァラートリー・プージャーの方法



  • 断食かパラーハーラ(果物のみの食事)をし、夜8時頃に黒ゴマと暖かいお湯で体を清めます。暖かいお湯と少しの黒ゴマは体を清めると信じられています。
  • 新しい服を身に付けます。
  • 羊毛の毛布に座ります。
  • マントラと水によって、自身と身の回りを清めます。
  • バスマ(神聖な灰)を額に塗ります。
  • ルドラークシャ・マーラーを身に付けます。
  • オイル、ドゥープ(竹芯のないお香)、スティック香に火をつけます。
  • シヴァラートリーの夜に必須である、ミルク、ヨーグルト、蜂蜜、ギー、砂糖、水の6つのアイテムでシヴァリンガにアビシェーカを行います。
  • シヴァ神に、バスマ、サンダルペースト、朱色粉によるティラク(額につける印)を塗ります。
  • 花輪を捧げます。
  • ベルの葉、ダトゥラのようなフルーツを捧げます。
  • その後、鈴を鳴らしながらビルワの葉を捧げ、オーム・ナマ・シヴァーヤを深い献身とともに108回唱えます。11マーラー(108回×11で1188回)で唱えることも勧められます。


ジョーティルリンガの重要性:プラーナ文献はジョーティルリンガの偉大さを深く称賛し、この御名を唱えることにより、人は全ての罪を取り去ることができるとしています。サーダカ(修行を行う者)は穏やかで汚れなく純粋になり、そして、崇高で神聖な知識によって啓蒙され悟りを得ることができるといいます。


SAURASHTRA SOMNATHAM CHA SHRISHAILE MALLIKARJUNAM ||
UJJAINYAM MAHAKALOMKARE MAMMALESHWARAM ||
PARLYAM VAIJNATHAM CHA DAKINYAM BHEEM SHANKARAM ||
SETU BANDHE TU RAMESHAM NAGESHAM DARUKA VANE ||
VARANASYA TU VISHWESHAM TRIBAKAM GAUTAMITATE ||
HIMALAYE TU KEDARAM GHURMESHAM CHA SHIVALAYE ||
AETANI JYOTIRLINGANI SAYAM PRATAHA PATHENNARAHA ||
SAPTA JANMA KRITAM PAPAM SMARANEN VINASHYATI ||

これらの12の御名を朝と夕に定期的に唱える者は、過去7世に渡る全ての罪を洗い流し、シッディ(成就)に至るとされます。



シヴァ神の特性


荼毘場:シヴァ神はこの物質界における死を操る者であることを意味するように、荼毘場に腰を据えています。

三段の髪型:3つ重なった団子髪は、肉体的、心理的、精神的な面での統合がヨーガの理想であるという考えを伝えています。

虎の毛皮:虎の毛皮は潜在的な力を示します。

三日月:彼の装飾品である唯一のものです。

三眼:シヴァ神がトリヤンバカ・デーヴァとも呼ばれるのは、三つの目を持つからであり、右目が太陽を、左目が月を、そして三つめの目が火を象徴しています。

ナンディ:牛はシヴァ神に関連し、彼の乗り物であると言われています。

クンダラ(二つの耳飾り):シヴァ神の耳の二つのクンダラ、アラクシャとニランジャンはシヴァとシャクティ(男性と女性)であり、創造の原理、アルダナーリーシュワラ(男性と女性が結合した完全神)の象徴です。

カマンダル:乾いた南瓜で作られた水瓶は甘露を含み、人々が物質界への執着を取り払い、自己の至福を経験するための利己的な願望にあふれた自身の内を浄化しなければならないことを、シヴァ神の側で象徴しています。

蛇(ヴァースキ・ナーガ):一匹の蛇がシヴァ神の首に三周巻きつき、そして主の右側を向いています。三周とぐろを巻いた蛇は、過去、現在、未来の三つのサイクルを象徴しています。

ルドラークシャの首飾り:ルドラはシヴァの別名です。シヴァ神によって身につけられたルドラークシャの首飾りは、この宇宙の法と秩序を保つため、一切の妥協なしに主がこの宇宙の法則を頑なに用いることを表しています。

ガンガー:ガンガーは、女性(母なるガンジス河)の口から地上へと流れ出る水流として、主の頭の上で象徴的に表されています。それは、主が信者たちの罪を破壊し、無知を取り除き、知識と純粋さ、そして平穏を授けることを象徴しています。

首回りの蛇:蛇はシヴァ神の持つ宇宙を破壊し再生するヨーギーとしての力を象徴しています。

ヴァルダ・ムドラー:シヴァ神の右手は恩恵を示します。悪を滅し、利益を与え、恩寵を授け、無知を破壊し、主の信者たちの賢明さを呼び起こす、祈りの印です。

三叉戟(トリシューラ):主に側にある三叉戟は彼の3つの力(シャクティ)である、意志(イッチャ)、行動(クリヤ)、知識(ジュニャーナ)を象徴しています。

ダマル(ドラム):ダマルは顕在と非顕在のような、存在の異なる状態の象徴です。

半眼:主がその目を開く時、新しい創造が始まり、そして閉じる時、次の創造に向けて宇宙が消えて行きます。半眼は、その創造が、始まりもなく終わりもなく周期的な過程を進んでいるという考えを伝えています。

灰で覆われた体:シヴァ神の灰で覆われた体は、シヴァが彼自身から生まれる全宇宙の源でありながら、彼が物質的な現象を超えて、またそれに影響受けないことを象徴しています。