検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
トリプラ・スンダリー女神の現れともいわれる真鍮製のカーマークシー女神像
カーマークシー女神像(真鍮製、高さ約12.2cm)(受注製作)
9,400円(税込)
470 ポイント還元
購入数

PDM214
カーマークシー女神像(真鍮製、高さ約12.2cm)(受注製作)
9,400円(税込)
470 ポイント還元
重厚な真鍮製のカーマークシー女神像(カーマクシー・アンマン)です。

カーマークシー女神(カーマークシー・アンマン)は、パールヴァティー女神、またはシャクティの現れです。
「カー」はサラスワティー女神、「マー」はラクシュミー女神、「アクシ」は目を意味します。
したがって、カーマークシーは、サラスワティー女神とラクシュミー女神の目を持つ者を意味します。
カーマークシー女神は、トリプラ・スンダリー女神の現れでもあります。

カーンチープラムのカーマークシー・アンマン寺院は、カーマークシー女神に捧げられたもっとも壮大でもっとも重要な寺院です。
カーマークシー女神は、マドゥライのミーナークシー寺院やバラナシのヴィシャーラークシー寺院でも礼拝されています。

言い伝えによると、ブラフマー神の恩恵により力をつけた悪魔のバンダースラが神々を打ち負かし、神々を天国から追い出したことがありました。
神々はシヴァ神に助けを求めます。
シヴァ神は、カーンチープラムでカーマークシー女神の姿をとったトリプラ・スンダリー女神だけがバンダースラを打ち負かすことができると述べました。

神々がカーンチープラムを訪れトリプラ・スンダリー女神を礼拝すると、トリプラ・スンダリーは女神は喜び、凶暴な姿となってバンダースラを倒します。
しかし、バンダースラを倒した後も、トリプラ・スンダリー女神は落ち着きませんでした。神々はおびえ、再びトリプラ・スンダリー女神に祈ります。
すると、トリプラ・スンダリー女神は金の宝石で飾られた美しく若いカーマークシー女神の姿になりました。

神々はカーマークシー女神に祈り、カーンチープラムにその姿で留まるよう懇願します。
カーマークシー女神は同意し、マンゴーの木の下でシヴァ神を礼拝すると、シヴァ神と結ばれ、ここでシヴァ神の妃となったと伝えられます。

サイズ
高さ:約12.2cm
底部:約7.3cm×約6.0cm
重量:約975g
材質:真鍮製

※この商品は、インドでの受注製作品となっておりますので、納期まで一ヶ月前後かかる予定です。
デザインの細部は、画像と異なる場合がございます。
インドより出荷前に簡潔なプージャーが実施されますが、個人名でのプージャーをご希望の場合は、プラーナプラティシュタ・プージャーを合わせてご注文の上、ご祈祷名をお知らせください。
この商品を購入する