検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
学問と芸術、そして言葉の女神であるサラスワティー女神を礼拝するプージャー
サラスワティー・マンスリー・プージャー(学業成就のためのプージャー)(1年間定期実施サービス)
10,000円(税込)
500 ポイント還元
購入数

IND-PJ-Saraswati
サラスワティー・マンスリー・プージャー(学業成就のためのプージャー)(1年間定期実施サービス)
10,000円(税込)
500 ポイント還元
学問や芸術の女神であるサラスワティー女神を1年を通じて礼拝するプージャーです。月に一度、僧侶によって吉日が選ばれ、プージャーが実施されます。

サラスワティーは、学問と芸術、そして言葉の女神として崇められています。サラスワティーの名前は、サンスクリット語で「水をもつもの」あるいは「優美なもの」の意味があります。また「サラ」は「本質」、「スワ」は「自己」を意味するサンスクリット語に由来し、サラスワティーは「自己の本質」を意味するともいわれます。

宇宙を創造したブラフマー神の妃であるサラスワティーは、知識は創造の行為に必要不可欠であることから、ブラフマーの創造の力を象徴します。また彼女は、光り輝く純白のジャスミンのように白い衣をまとい、蓮に座しています。人間の学習に関する4つの側面をあらわす4本の腕(心、知性、覚醒、エゴ)の中で、片手には神聖な聖典、もう一方の手には真の知識の象徴である蓮や数珠を持ちます。もう2つの手では、ヴィーナで愛にみちた人生をおくる音楽を奏でています。また彼女はつねに帰依者の怠け心を取りのぞくよう取り計らっています。

サラスワティー女神の崇拝は、人々の学習や本物の英知における成功をもたらすといわれます。また、学業に専念する人、芸術分野に従事する人にとって、サラスワティー女神はその才能を発揮させ、専門分野で活躍する技量を身につけさせてくれると信じられています。

サラスワティー女神のプージャーを通じては、以下のような恩恵が伝えられます。
・知識や知恵の獲得
・学問と芸術の向上
・自信やコミュニケーションスキルの向上

願いや祈りを持ち続けること、それを実際に思い描くこと、または言葉にすること、そうした行為が願いや祈りを実現させるために大切であるといわれます。定期的にプージャーを実施することは、特別なプージャーを一度実施するよりも恩恵高いと伝えられることがあります。

■このプージャーの内容■
場所:シュリー・サナータナ・ダルマ寺院(ニューデリー、モーティーバーグ)
日時:毎月の吉日に一度(事前に日程をお知らせいたします。)
時間:約2時間
僧侶:1人
※儀式終了後、プラサード(写真と供物)をお送りします。

■このプージャーで実施される内容■
シュッディカラナ(浄化の行い)
ディク・バンダナ(4方角の守りに対する祈り)
ジョーティ・プラチャンダ(光を灯し捧げる行い)
スヴァスティヴァーチャナ(儀式を行う感謝の祈り)
サンカルパ(祈願)
ブーミ・プージャー(大地の女神への祈り)
ガウリー・ガネーシャ・プージャー(ガネーシャ神とガウリー女神への祈り)
カラシャ・プージャー(全生命の源の象徴である水瓶(カラシャ)への祈り)
マートリカー・プージャー(64の女神たちへの祈り)
ナヴァグラハ・プージャー(9惑星への祈り)
オームカーラ・プージャー(聖音オームへの祈り)
サプタ・リシ・プージャー(7仙人への祈り)
シェーシャ・ナーガ・プージャー(蛇神への祈り)
パンチャ・ローカパーラ・プージャー(5神格への祈り)
ダス・ディクパーラ・プージャー(10の方角の守り神への祈り)
ボーガ(供物を捧げる行い)
アーラティ(火を捧げる行い)
プラールタナー(祈り)
ハヴァナ(ホーマ、火の儀式)
儀式の間にサラスワティー・マントラ・ジャパが行われます。

■ご購入完了後に、プージャーを行うための情報を以下のフォームよりご記入下さい。■
お申込フォーム

※このプージャーは、シュリー・サナータナ・ダルマ寺院(ニューデリー、モーティーバーグ)にて、寺院の僧侶がヴェーダの儀式に基づいて行います。
※これは、個人のために行われるプージャーです(グループ・プージャーではありません)。
※プラサードは実施後2〜3ヶ月後のお届けとなります。都合により数ヶ月分まとめての発送となる場合がございます。
※このサービスは、インド伝統の儀式に従い、神々に対して祈祷を行うものです。効果・効能をお約束するものではありません。
※お支払いは、クレジットカードの月次課金(毎月1万円(年額12万円)を5日に引き落とし)となります。
※3ヶ月以上の継続で、途中解約可能もです。
この商品を購入する