検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

金星・シュクラ

金星について



金星は天秤座と牡牛座の支配星であり、占星術においては愛の女神として知られています。私たちの人生において、愛と金銭という2つの主要な領域を支配します。
金星は感情、価値を見出すもの、人生における喜びをあらわします。優雅さ、魅力、美しさは金星によるものであり、人々は金星を通じ、好みや喜び、芸術的傾向、また喜びをもたらすものを学びます。
どう金銭を使うか、またどんな贈り物を買うか、どれだけレジャーに出費するか、金星を見ることによって分かります。金星が凶星となっている場合、金銭を得ることについて、貯めることについて、享受することについて、引きつけることについて、そして守ることについて丁寧に学ぶ必要があります。これらの注意を欠く場合、金星は金銭を損失する状況を与え、人々に学ばせようとします。これらを学んだ時、豊穣という恩恵を人々は授かるでしょう。
金星はまた、他への執着心を支配します。人々や物を魅了し引き寄せる能力もまた、金星によるものです。金星のエネルギーは調和的であり、それ故、金星の影響が良い状態で出ている場合、多くが平和を担う者となります。また、金星において、感謝をすることと、されることの必要性を見つけます。
芸術、愛やロマンス、美しくなるためのプロセス、金銭、喜び、レジャー、官能性、そして満足感を支配する金星の影響が行動として現れる時、妥協性が生み出され、平和を愛し、風情によって行いをするようになります。一方、金星が凶星である場合、身勝手となり、自己中心的で、うぬぼれ、浅はかとなるネガティブさが生じます。

27商品
27商品中 1 - 12表示