ソーハム・マントラ
・so'ham
・ソーハム

ソーハム瞑想として知られる「無声音」マントラです。息を吸いながら「ソー」、吐きながら「ハム」と唱えます。私たちは、毎日、意識せずとも、呼吸をしながらこのマントラを常に唱えているといわれます。インドの聖者たちは、この呼吸を意識して行うことにより、肉体や心などの物質的な領域を超越し、輪廻の束縛から解放されることを見出しました。
ソーハム(so'ham)は、sah+ahamのサンディ(連音)となります。直訳では、「それは私」「彼は私」の意味となりますが、万物に遍く浸透する遍在の至高神・ブラフマンと、自己の意が同一であることを示しています。
このマントラは、自己は分離した状態であるというエゴを諫め、日常、絶え間なく呼吸をしながら、万物の主と自己は深層で常に繋がっていることを教えてくれます。
また「ソーハム」(so'ham)は、アートマンや生命原理プラーナの象徴である「ハムサ」(hamsa)と、音が循環の関係にあるために表裏一体であることを示しています。



サイ・マントラ
・sai ram
・サイ・ラム

サイババの帰依者の間で唱えられるマントラで、挨拶としても使用されます。サイはサイババをあらわし、ラムはラーマ神を示しています(ラームはラーマのヒンディー語読み)。
このマントラは、それぞれが意味を持つ聖音の組み合わせで成り立ち、「サ」は男性原理、「イ」は女性原理、「ラ」は火の性質、「マ」は幻力を示すといい、「サイ」というアルダナーリーシュヴァラの性質を持った至高神を讃え、幻力を滅し至福へと至るためのマントラといわれます。


・Om sai namo namah
shrI sai namo namah
jaya jaya sai namo namah
sadguru sai namo namah
・オーム・サイ・ナモー・ナマハ
シュリー・サイ・ナモー・ナマハ
ジャヤ・ジャヤ・サイ・ナモー・ナマハ
サッドグル・サイ・ナモー・ナマハ
・意味:オーム・サイに帰依いたします
聖なるサイに帰依いたします
栄光のサイに帰依いたします
最高の師サイに帰依いたします

地上が混迷の中にあるとき、至高神は自ら人間の姿をとって指揮を執り、人類の正法を甦らせると、ヒンドゥー教では古くから信じられてきました。シルディ・サイババは、自らを至高神の化身であると宣言し、そして彼に近い人々も至高神の化身として疑わない、普遍的教えと超越的法力を備えた聖者です。
現在でも、彼の奇跡と普遍的な教えは、世界中の悩める人々を惹きつけてやみません。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シュリー・サイ・マントラム
・「サイ・マントラDVD



・Om namo satchidAnanda sai nAthaya namah
・オーム・ナモー・サッチダーナンダ・サイ・ナーターヤ・ナマハ
・意味:至高の化身であるサイナータに帰依いたします

シルディ・サイババを讃えるマントラのひとつです。
サッチダーナンダはサット(実在、善)、チット(純粋意識)、アーナンダ(至福)の三つの言葉がつながったものです。 ナータ(nAtha)は、万人の救済者、人々の拠り所を意味し、サイ・ナータは万人の救済者であるサイを意味しています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「モーニング・チャント オーム・サイ



クベーラ・マントラ

・Om yakshAya kuberAya vaishravanAya dhanadhAnyAdi pataye
dhana dhAnya samruddhim me dehi dApaya svAhA
・オーム・ヤクシャーヤ・クベーラーヤ・ヴァイシュラヴァナーヤ・ダナダーニャーディ・パタイェー
ダナ・ダーニャ・サムルッディン・メー・デーヒ・ダーパヤ・スヴァーハー
・意味:ヤクシャ(夜叉、クベーラの従者)の主であるクベーラ、ヴァイシュラヴァナ(ヴァイシュラヴァスの子、クベーラの別名)、ダナダーニャ(富をもたらす者)であるお方、
私たちにあなたの富と幸運による祝福がありますように。

財宝の主であるクベーラ神のマントラです。
このマントラは、富を祈願するための強力なマントラであるといわれています。
クベーラ・ヤントラやクベーラの神像・絵画を用いて、毎日108回唱えることで、経済の向上、障害除去、物質的豊かさ、土地の所有、家の所有、名声、勝利、長寿などを得ることができるといわれています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ダナ・ラーバ 富獲得のためのマントラ」(トラック2)

・Om shrIm Om hrIm shrIm hrIm klIm shrIm klIm vitteshvarAya namah
・オーム・シュリーム・オーム・フリーム・シュリーム・フリーム・クリーム・シュリーム・クリーム・ヴィッテーシュヴァラーヤ・ナマハ
・意味:富の神クベーラに帰依いたします

クベーラ神のムーラ(ビージャ)・マントラです。
ヴィッテーシュヴァラ(vittezvara)は、富の神を意味するクベーラ神の別名です。
富を象徴する種子真言(ビージャ・アクシャラ)とクベーラの御名をたたえ、富の獲得を祈願します。
このマントラは、クベーラ・ヤントラに対しても唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ダナ・ラーバ 富獲得のためのマントラ」(トラック2)



心願成就のマントラ

・Om hrIm sarva manokAmanA shiddim hrIm Om
・オーム・フリーム・サルヴァ・マノーカーマナー・シッディン・フリーム・オーム
・意味:一切の心願が成就しますように

心に描いた願望が成就するように祈願するマントラです。
フリーム(hrIm):ドゥルガー女神あるいはブヴァネーシュヴァラ神(シヴァ神)をあらわすビージャ・マントラ
サルヴァ(sarva):一切、すべて
マノーカーマナー(manokAmanA):心の中の願望
シッディ(shiddi):成就
このマントラを繰り返し唱えることで、心の中に思い描いている願望が叶えられるといわれています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック12)