シャーンティ・マントラ

・sarvepi sukinah santu
sarve santu nirAmayAh
sarve bhadrAni pashyantu
mA kaschit duhka bAkbavetu
・サルヴェーピ・スキナハ・サントゥ
サルヴェー・サントゥ・ニラーマヤーハ
サルヴェー・バドラーニ・パッシャントゥ
マー・カスチットゥ・ドゥフカ・バークバヴェートゥ
・意味:皆が幸福であらんことを、
皆が健やかであらんことを、
皆が善なる思いを知らんことを、そして
苦しみ舐める者のなきことを(訳:浜田吾愛)

一切の生類の幸せを祈願するユニバーサル・プレアーです。インドの僧院では日課として日々唱えられているマントラです。
このマントラの後には、「オーム・シャーンティ・シャーンティ・シャーンティ」が唱えられます。
同様のマントラで、「サルヴェー・バヴァントゥ・スキナハ」と詠まれる場合もあります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック17)

・Om shanno mitrah sham varunah shanno bhavatyaryamA
shanna indro brihaspatih shanno vishnu rurukramah
namo brahmane namaste vAyo
tvameva pratyaksham brahmAsi
tvAmeva pratyaksham brahma vadishyAmi
rutam vadishyami satyam vadishyami
tanmAmavatu tadvaktAramavatu avatumAm avatuvaktAram
Om shAntih shAntih shAntih
・オーム・シャンノー・ミトラハ・シャム・ヴァルナハ・シャンノー・バヴァテャルヤマー
シャンナ・インドロー・ブリハスパティヒ・シャンノー・ヴィシュヌ・ルルックラマハ
ナモー・ブラフマネー・ナマステー・ヴァーヨー
トヴァメーヴァ・プラテャクシャム・ブラフマーシ
トヴァーメーヴァ・プラテャクシャム・ブラフマ・ヴァディシャーミ
ルタン・ヴァディシャーミ・サッティヤム・ヴァディシャミ
タンマーマヴァトゥ・タドゥヴァックターラマヴァトゥ・アヴァトゥマーム・アヴァトゥヴァックターラム
オーム・シャーンティ・シャーンティ・シャーンティヒ
・意味:ミトラ(友愛の神)、ヴァルナ(司法神)、アリヤマン(太陽神)
インドラ(神々の王)、ブリハスパティ(祈祷の主)、ヴィシュヌ(維持神)の祝福あれ
ブラフマンに敬礼、ヴァーユ(風神)に敬礼
あなたはブラフマンであり、真理です
あなたは目に見える真理であり正義です
真理の法則が私たちと教師を守りますように

タイッティリーヤ・ウパニシャッドのシャーンティ・マントラです。
世界を司る神々の祝福を祈願し、今日一日が平穏な一日であるように毎日唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック11)

・sarve bhavantu sukhinah
sarve santu nirAmayAh
sarve bhadrAni pasyantu
mA kaschit duhkha bhAgbhavet
・サルヴェー・バヴァントゥ・スキナハ
サルヴェー・サントゥ・ニラーマヤーハ
サルヴェー・バドラーニ・パシャントゥ
マー・カシュチット・ドゥフカ・バーグバヴェートゥ
・意味:皆が幸福であらんことを、
皆が健やかであらんことを、
皆が善なる思いを知らんことを、そして
苦しみ舐める者のなきことを(訳:浜田吾愛)

一切の生類の幸せを祈願するユニバーサル・プレアーです。インドの僧院では日課として日々唱えられているマントラです。
「サルヴェーシャーム・スヴァスティル・バヴァトゥ」のマントラに続けて唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「チャント・オブ・インディア」(トラック16)

・sarveshAm svastir bhavatu
sarveshAm shAntir bhavatu
sarveshAm pUrnam bhavatu
sarveshAm manglam bhavatu
・サルヴェーシャーム・スヴァスティル・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・シャーンティル・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・プールナム・バヴァトゥ
サルヴェーシャーム・マンガラム・バヴァトゥ
・意味:皆に善なるもの降り注がんことを
皆に平和あらんことを
皆が全きものにふさわしからんことを、そして
皆がめでたき思いを知らんことを(訳:浜田吾愛)

一切の生類の幸せを祈願するユニバーサル・プレアーです。インドの僧院では日課として日々唱えられているマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「チャント・オブ・インディア」(トラック16)



・svasti na indro vruddha-shravAh
svasti nah pUshA vishvavedAh
svasti nas-tArkshyo arishtanebhih
svasti no bruhaspatir-dhadhAtu
Om shAntih shAntih shAntih
・スヴァスティ・ナ・インドロー・ヴルッダ・シュラヴァーハ
スヴァスティ・ナハ・ブーシャー・ヴィシュヴァヴェーダーハ
スヴァスティ・ナス・タールクショー・アリシュタネービヒ
スヴァスティ・ノー・ブルハスパティル・ダダートゥ
オーム・シャーンティヒ・シャーンティヒ・シャーンティヒ
・意味:私たちに、古代に名を轟かせたインドラの恩寵がありますように
私たちに、全知のプーシャー(太陽神)の恩寵がありますように
私たちに、悪を滅ぼすタールクシャ(ガルダ)の恩寵がありますように
祈祷の主であるブリハスパティよ、どうか祝福をお与えください
平安あれ、平安あれ、平安あれ

プラシュナ・ウパニシャッド、ムンダカ・ウパニシャッド、ガナパティ・アタルヴァシールシャムで見られる「バッドラン・カルネービヒ」のシャーンティ・マントラ(後半部)です。
ブリハスパティは、祭祀の主とされる祭式を司る神です。ブリハスパティの祝福により、これから行われるすべての試みが成功するように祈願します。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック5)
・「シャーンティ・マントラ・チャンティング with Shri Aswath
・「ガナパティ・アタルヴァシールシャム・チャンティング with Shri Aswath

・Om bhadram karnebhihi shrunuyAma devAh
bhadram pashyemAkshabhir-yajatrAh
sthirairangai stushtuvAgm sastanUbhihi
vyashema devahitam yadAyuh
・オーム・バッドラン・カルネービヒ・シュルヌヤーマ・デーヴァーハ
バッドラン・パッシェーマークシャビル・ヤジャットラーハ
スティライランガイ・ストゥシュトゥヴァーグン・サスタヌービヒ
ヴャシェーマ・デーヴァヒタン・ヤダーユフ
・意味:神よ。私たちの耳が、よいことを聞く耳でありますように。
私たちの目が、よいものを見る目でありますように。
あなたに与えられた健康で丈夫な身体で、あなたの栄光を讃美するために。

プラシュナ・ウパニシャッド、ムンダカ・ウパニシャッド、ガナパティ・アタルヴァシールシャムで見られるシャーンティ・マントラ(前半部)です。
耳と目は、人間の器官の中でもっとも多く、外部からの情報を受けとる器官です。常によいことを聞き、よいものを見ることができるよう神に祈ることで、平安で幸せな日々が送れるよう、一日の始まりに唱えられることが勧められています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック5)
・「シャーンティ・マントラ・チャンティング with Shri Aswath
・「ガナパティ・アタルヴァシールシャム・チャンティング with Shri Aswath

・Om dyauhu shAntihi
antariksham shAntihi
prithivI shAntihi
Apaha shAntihi
aushadhayah shAntihi
vanaspatayah shAntihi
vishvedevaha shAntihi
brahma shantihi
sarva shAntihi
shAntireva shAntihi
sAmA shAntiredhi
Om shAntihi shAntihi shAntihi
・オーム・ディヤウフ・シャーンティヒ
アンタリクシャム・シャーンティヒ
プリティヴィー・シャーンティヒ
アーパハ・シャーンティヒ
オーシャダヤハ・シャーンティヒ
ヴァナスパタヤハ・シャーンティヒ
ヴィシュヴェーデーヴァハ・シャーンティヒ
ブラフマ・シャーンティヒ
サルヴァ・シャーンティヒ
シャーンティレーヴァ・シャーンティヒ
サーマー・シャーンティレーディ
オーム・シャーンティヒ・シャーンティヒ・シャーンティヒ
・意味:天界に平安あれ
中間界(天界と地上の間)に平安あれ
地球に平安あれ
水に平安あれ
薬草に平安あれ
木々に平安あれ
万物の神々に平安あれ
ブラフマンに平安あれ
一切に平安あれ
平安、まさに平安あれ
平安が私たちを包み込みますように
平安あれ、平安あれ、平安あれ
(Shukla Yajurveda Samhita - 36.17, Atharvaveda Samhita - 19.9.14)

シュクラ・ヤジュル・ヴェーダからの万物の平安を祈願するシャーンティ・マントラです。私たちを養うすべての物質、大気、天界の神々の平安を願います。この詩節は、新たな門出を祝福するために、インドの結婚式でも唱えられます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック2)




・asatomA sadgamaya tamasomA jyotirgamaya
mrityormA amritam gamaya
Om shAntih shAntih shAntih
・アサトーマー・サッドガマヤ・タマソーマー・ジョーティルガマヤ
ムリッティヨールマー・アムリタン・ガマヤ
オーム・シャーンティヒ・シャーンティヒ・シャーンティヒ
・意味:非真から真実へ 不明から光明へ 死から不死へ
どうか私をお導きください。
平安あれ、平安あれ、平安あれ

ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド(I.3.27)によるシャーンティ・マントラです。
世俗的なものごと、感官に対する執着、貪欲や怒りなど…、あらゆる点で、欠陥に覆われている私たちの知性を輝かせ、真理を気づかせる至高のマントラです。万物の主、霊性の師匠に、真理へ到達するための窮極の叡智を授けてくれるよう祈ります。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ヴィシュワ・シャーンティ・マントラ」(トラック9)



・Om pUrnamadah pUrnamidam
pUrnAt pUrnamudachyate
pUrnasya pUrnamAdAya
pUrnamevAvashishyate
Om shAntih shAntih shAntih
・オーム・プールナマダ・プールナミダム
プールナートゥ・プールナムダッチャテー
プールナッシャ・プールナマーダーヤ
プールナメーヴァーヴァシッシャテー
オーム・シャーンティ・シャーンティ・シャーンティヒ
・意味:あれは完全である。これは完全である。
あの完全からこの完全が生じる。
完全から完全が取り除かれようとも、
完全は完全のままである。

ヤジュル・ヴェーダからの短いマントラですが、難解かつ深遠な哲学に満ちた内容になっています。ブラフマンは完全であり、何ものにも影響されず、常に完全を保つというギーターの教えとも共通しています。この短いマントラの中に、宇宙創造の神秘がすべて説かれているといわれます。このマントラは、ケーナ・ウパニシャッドやブリハダーラニヤカ・ウパニシャッドに見ることもできます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シャーンティ・マントラ・チャンティング with Shri Aswath」(トラック6)



・Om Saha Naavavatu Saha Nau Bhunaktu
Saha Viryam Karavaavahai
Tejas vinaa vadhi tamastu Maa Vidvishaavahai
Om Shantih Shantih Shantih
・オーム・サハ・ナーヴァヴァトゥ
サハ・ナウ・ブナクトゥ
サハ・ヴィーリャム・カラヴァーヴァハイ
テージャスヴィナーヴァディータマストゥ・マー・ヴィッドヴィシャーヴァハイ
オーム・シャーンティ・シャーンティ・シャーンティヒ
・意味:主よ私たちをお守りください
主よ私たちを養いください
私たちが共に勇敢に働くことができますように
私たちの学習が光輝に満ちたものになりますように
私たちが共に憎み合うことがありませんように(どうか私たちを見守りください)
平安あれ、平安あれ、平安あれ

ヨーガ・スートラを始め、さまざまな学習の前に唱えられるシャーンティ・マントラのひとつです。これから始まる学習が、滞りなく、スムースに発展するよう、万物の主ブラフマンに祈願します。 このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「パタンジャリ・ヨーガ・スートラ by Shri Aswath」(トラック1)