検索 カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
軍神スカンダ、カールッティケーヤ、ムルガンなどの多くの別名をもつスブラフマニヤ神の千の御名
スブラフマニヤ・サハスラナーマーヴァリー
1,600円(税込)
80 ポイント還元
1点在庫あり。ご注文はお早めに。
購入数

CDSA146
スブラフマニヤ・サハスラナーマーヴァリー
1,600円(税込)
80 ポイント還元
神は、篤い信仰心を持つ人々を裏切ることはありません。彼らの信仰心に、神は「束縛」され、惜しみない恩寵を与えずにはいられないのです。こうしてみると、スブラフマニヤへの祈りが効果的であることがわかります。

スブラフマニヤ神は、インドでもっとも崇拝されている神々の一人です。彼は、シヴァとパールヴァティーの次男であり、ガネーシャの弟にあたります。スブラフマニヤは、「6面の顔をもつ者」という意味のシャンムカとも呼ばれます。6面はそれぞれ、叡智、力、富、名声、平安、神通力を示します。彼の2人の妻であるヴァーリーとデーヴァヤニーは、意志と行為を象徴しています。
スブラフマニヤは、またの名を軍神スカンダ、カールッティケーヤとも呼ばれます。
悪が世界を支配するこのカリ・ユガの時代において、彼は中心的な位置をしめる神といわれています。
ジャヴェリンという彼の武器は、勝利を象徴し、それは、傲慢、暴力、不正に勝利することによって、平安と調和をもたらすことを意味します。

また彼は、しばしば孔雀に乗った姿で描かれます。孔雀は、猛毒を持つコブラの天敵であり、美しい羽と強靱な足でコブラを捕らえ、撃退します。
コブラは、ここではエゴを象徴しています。
これは、自身の中に堅く根付いてしまったエゴを完全に制御し、欲望に打ち克ち、そうして、心の完全なる支配者となることによって、究極の平安に到達することを意味します。
人々は、彼が「アハム・ブラフマースミ(私はブラフマンである)」の神であることを認識するべきでしょう。彼のこの真実について瞑想し、これを実践するならば、アートマンの境地に達します。それは、スブラフマニヤの境地とも言えます。

スブラフマニヤは、多くの別名を持っています。
それぞれは、彼の御力を象徴しています。スブラフマニヤの千の御名を聞き、唱えることで、彼の恩寵、そして数々の優れた能力を授かる原動力となるでしょう。

朗唱:R.ティヤーガラージャン教授、シュリー、P.S.ラグラーマン、シュリー・シャンムカ・スンダラム、K.シュリーニヴァーサン博士
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています