バガヴァッド・ギーターの世界―ヒンドゥー教の救済 (ちくま学芸文庫) [文庫]
Amazon_4480090878

1,082円(税込)

内容(「BOOK」データベースより)


古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』の中の一編で、同族同士が戦うことに深く悩み、戦意を喪失している勇士アルジュナへ、御者を務めていた賢者クリシュナ(実は最高神の化身)が、彼を鼓舞するために説いた教えが、バガヴァッド・ギーター(神の歌)である。人間存在のむなしさを描き、現世の義務をはたしつつ解脱に達する道を説く信仰の書をわかりやすく解き明かす。さらに帝釈天、弁才天、大黒天、毘沙門天、鬼子母神などのルーツを解説し、宗派を超えて愛誦されてきた最高聖典が、仏教や日本の宗教文化、日本人のものの考え方に与えた影響を明らかにする労作。

内容(「MARC」データベースより)


真実の自己と至高存在を同置することで不変の境地に達することができると説くヒンドゥー教の最高聖典「バガヴァッド・ギーター」を、仏教や日本文化への影響を視野に入れながら解説する。〈ソフトカバー〉 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


上村 勝彦
1944年、東京浅草に生まれる。2003年、逝去。1967年、東京大学文学部卒業。1970年、同大学院人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。サンスクリット詩学専攻。元東京大学東洋文化研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

上村 勝彦(著)
文庫: 318ページ
出版社: 筑摩書房 (2007/07)
発売日: 2007/07
商品の寸法: 14.6 x 10.6 x 2 cm