若林忠宏氏によるオリジナル・ヨーガミュージック製作(デモ音源申込み)
YogaMusicDemo

2,160円(税込)

108 ポイント還元

購入数

民族音楽研究演奏家である若林忠宏氏が、お客様のご要望にあわせて、オリジナルのヨーガ音楽を製作いたします。

最近流行しているヨーガ音楽として「アメリカナイズされたポップ調」でもなく、「ソフィスティケイトされ過ぎた音楽」でもない、あるいは「全編純インド音楽ばかり」では自分のヨーガ・スタイルに合わない、そんなご要望を多く耳にします。

このサービスは、このような不満を抱くお客様に対して、純インド古典音楽を基礎に、お客様のご要望に合わせて、様々なイメージ、カラーを作り出し、より「しっくり来る」音源を提供するものです。

具体的には、市販のヨーガ音楽では叶わない、オリジナルならではの以下の特徴があります。
市販のヨーガCDでは物足りない方、自分のヨーガスタイルにあう音楽がみつからない方等に最適なサービスです。
お客様のスタイルに適したオリジナル・ヨーガ音楽で、より充実したヨーガライフをお楽しみください。

オーダーの流れ


オーダーフォームにお客様のご要望をご記入いただきます。

ショッピングカートの「カートに入れる」でデモ音源の購入手続きを行います(2,160円)。

オーダーフォームに基づき、お客様のご要望に沿ったヨーガ音楽を若林氏が製作し、本オーダーの見積金額とデモ音源(音質は落としてあります)をメールで納品いたします(納期10日前後)。
※デモ音源は、オーダーフォームに基づいて製作するオリジナルのものになります。音質以外は、本オーダーで納品するものと代わりございません。

デモ音源とお見積もりを確認後、デモ音源でオーダーをキャンセルするか、高音質音源を本オーダーするか選択することができます。キャンセル手数料は無料です。音源の修正希望等がございましたら、この時点で受け付けます。

高音質音源を本オーダーの場合は、メールにてその旨ご連絡お願いいたします。

お支払いは、クレジットカードのみ対応となります。本オーダーの際には、ご登録のクレジットカードでお見積もり金額のお支払いとなります。

サンプル音源

若林忠宏氏プロフィール



民族音楽研究演奏家
インド音楽療法師/民族音楽セラピスト。

インド音楽の所属流派(Gharanedar直弟子のみ表記)
Sitar(Lucknow-Kalfi-Gharana日本代表)
Sarod(Lucknow-Shahjahanpur-Gharana日本代表)
Sarangi(Benares-Gharana)/Khayal(Seheswan-Gharana)
Tabla(Delih、Ajirada、Lucknow、Punjab、Farkhabad、Lalyana、Benares-Gharana)

1956年、文学座俳優の父、ピアノ教師の母(いずれも当時)の元東京に生まれ育つ。
1973年、当時日本に四名のシタール演奏者のひとりとしてプロデビュー。
(一名は70年代に没、一名は70年代に引退、一名は大阪で活躍)
1978年、LP「Japan-Gharana」発表。1980年北インドU.P.州「Bhatkhande」特別研修」U.P.文化庁 招待。1980年1981年各師匠に弟子入り。1980年Lucknow市「国際交流センター」で日本人初リサイタル。国営放送に日本人として初出演。
1980年、日本初のインド音楽オーケストラ、25名、リサイタル。
1981年インド大使館ホール、インド大使官邸で日本人初リサイタル。
2011年4月17日(日) アクロス福岡にて「東日本大震災救援チャリティーコンサート」に出演。
2011年5月21日(土) 筑紫野文化会館主催「東日本大震災救援チャリティーコンサート」に出演。
2012年3月11日(日) 福島県いわき市小名浜港に於ける「祈りのイベント」に出演。

Sitar最古の流派(二つの内のひとつ)Lucknow-Kalfi-Gharanaを、
故Ustad Ilyas Khan Saheb師に師事。

Sarod最古の流派、Lucknow-Shahjahanpur-Gharana
及びKhayal:Seheswan-Gharanaを
前家元、故Ustad Umar Khan Saheb師に師事。

Sarangi:Benares-GharanaをPandit J.N.Misra師に師事。

Tabla:Delih/Ajirada派をUstad Hashmat Khan Saheb師に師事
Lucknow派を現家元Ustad Ilmas Khan Saheb師に師事
Punjab派をPakistanにて、故Ustad Ahmed Khan師に師事。
Farkhabad派をUstad Munney Khan Saheb師に師事。
Farkhabad-Bengal(Pt.G.P.Ghosh)派を、Pandit Sanjay Mukherji師に師事。
Lalyana派を、Pandit Vijay Shankar(Kathak舞踊家)、Pandit Nayan Ghosh師に師事。
Benares派を、Pandit Gangadhar Rao師に師事。

以後、著作、TV-CM音楽、「題名の無い音楽会」「タモリの音楽は世界だ」「タモリ倶楽部」複数回。「なるほどtheワールド」「開運鑑定団」 「ビデオ特捜部」などに出演。1999年には「ナビゲーター99」でドキュメト番組放送。ポピュラー・ミュージックの録音に参加も多数。

 全国の小中高校での演奏。音楽教員研修講師も務め、2005年からは、福岡市でも活躍し、福岡市アジアマンス七年連続出演(三回以上は、同イベント20年の歴史の中で唯一)。

 東京音大民族音楽研究所・社会人講座講師、東京国際音楽療法学院講師。
(いずれも、現在保護猫看病の為に休職中)。2012年夏には、Brahmanda-Lavelより、「Yoga-BGM-CD」「Yoga瞑想CD」シリーズ発表予定。

HP:民族音楽センター&若林忠宏
http://www.musiqasangeet.com

Ameblo:「民族音楽センター&若林忠宏」
http://ameblo.jp/kinakofamily/
 
facebook(1st) 若林忠宏
https://www.facebook.com/tadahiro.wakabayashi.1?ref=tn_tnmn
 

テンポ指定参考デモ音源


テンポのご指定のご参考に、伴奏弦楽器「タンブーラ」と古典音楽太鼓「タブラ」の音源を作成致しました。
数字は、メトロノームと同じく、『一分間の回数』ですが、タブラの伝統的な演奏では、1拍に数個の音が演奏されます。全体的なノリや雰囲気を感じ取って頂けたら幸いです。
また、90/分と、180/分などの倍数は、同じ様に演奏する事が可能です。よって、90/分〜120/分が、一般的なBGM音源のテンポと思われます。(Dance-Musicですとそれ以上ですが、)10/分単位の微妙な差が、現場で大きく感じられると思われます。



お客様の声


素敵なBGMを作成していだだき、大変にありがとうございました。
音楽について何も知らない私でもイメージしやすいようなご説明をいただき、対応もとても親切で、期待していた以上の大変素晴らしい曲を作成していただくことができました。若林忠宏先生の曲はヨーガのBGMというジャンルを超えて、全ての人々に真の癒しと潜在的な意識の目覚めを与えてくれる、本当に素晴らしい音楽だと思います。
若林先生のいちファンとして、民族音楽の巨匠にオリジナルのBGMを作成していただける、このまたとないチャンスをもっともっと多くの方に知っていただき、「本物のインド音楽」の真髄に是非触れていただければと思います。

インド・ヨーガ研究協会代表
荒井秀幸様