7面ルドラークシャ(ネパール産)・マクラメ・リストバンド(ピンク)
HM-7MN-0230-P

5,280円(税込)

264 ポイント還元

購入数

ラクシュミー女神を象徴する7面ルドラークシャが、マクラメ作家 Durgaによって、美しくマクラメ装飾されたリストバンドです。

7面のルドラークシャは、七聖仙、マハーラクシュミー女神をあらわすとされ、富と繁栄を祈願する人々、身体に関する問題、また経済問題や精神的苦痛を抱える人々はこのビーズを身につけるとよいとされています。

また、マクラメとはアラビア語の「装飾編み」に起源を持ちます。装飾的に紐を結ぶことがイスラム文化圏で発展し、後にヨーロッパ各地に広まっていったといわれます。

マクラメの基本となる紐を結ぶ作業は、人間が道具を使用し始めた頃から行われていた作業であり、そこから生まれる装飾には、神聖な意味や願いが込められ、寺院や僧服の装飾品などにも用いられてきました。

マクラメは現在、世界の各地域の文化のなかでさまざまに用いられ、アクセサリー等としても広く親しまれています。

ビーズ数:1個
ルドラークシャの原産:ネパール産
リストバンドの長さ:約21cm
装着に適した手首まわりサイズ:約15cm
紐の色:ピンク

はじめて身につける日は、月曜日が吉日とされます。

※ルドラークシャ(金剛菩提樹)の効能・効果の記述は、インド古代の聖典や占星術師の証言などにもとづいています。使用感には個人差があります。

マクラメ作家 Durgaプロフィール


2013年、インド占星術や聖者アマチの祝福により、オーナメント作りの才能を保証されたのをきっかけに、精神生活の為のビーズアクセサリー等を手がける機会を増やしていく。
2015年、インド占星術の大家KNラオ先生への御礼の為に作った、ガネーシャコインを使ったストラップの製作過程でマクラメの存在を知り、その後、技術を修得する。その頃ブログに載せたアクセサリー作品の写真に「オーダーはしていませんか?」と問い合わせがあり、リクエストに応じはじめたところ、たくさんのオーダーをいただき、現在に至る。

Durgaより一言


オーダーいただく時「大切なものだからこそ」「神様に関わるものだから」「聖者に関わるものだからこそ」Durgaさんに‼︎と言ってくださるのがとても嬉しいです。
もともと、ただのアクセサリーを作るより、その方自身の御守りになるとか、神様に関するモノを作りたいと考えていたわたしには願ってもない幸せです。

マクラメ作家Durga オリジナルオーダー作品お見積もりフォーム


ご希望のビーズ構成、デザインなど、お客様のご要望に応じて、世界に一つだけのアクセサリーをお作りいたします。
以下のお見積もりフォームより、お申し込みください。
オリジナルオーダー作品お見積もりフォーム