8面ルドラークシャ・ビーズ(ネパール産、22.3mm x 20.2mm x 16.4mm)
RB-8N-AL

12,800円(税込)

640 ポイント還元

 
未加工
穴開け加工
穴開け加工+紐通し
シルバーキャップ加工
加工方法
購入数

8面のルドラークシャ(金剛菩提樹)は、シヴァ神の息子であるガネーシャ神を象徴します。

ガネーシャ神は、他のどの神々よりもはじめに礼拝され、障害を取りのぞく神として知られています。そのためこの8面のビーズは、ガネーシャの恩寵を得て、スムーズに物事が運ぶようになるための守りとして用いられます。

また世俗的あるいは霊的なあらゆる達成感をもたらし、最終的にガネーシャの父にあたるシヴァの世界へと導くとされています。

支配星はラーフであり、その惑星の悪影響を昇華させるのに役立つといわれます。この惑星の影響は、7面があらわすシャニ(土星)の影響と似ているところがあります。8面のビーズを身につけることで、ラーフの悪影響を阻止することができると信じられています。作家や文化人などに適するといわれます。

8面のルドラークシャは次のような特徴をもちます。
・対応する神 : ガネーシャ
・支配する惑星 : ラーフ
・ラーフに対応のメンタル面 : 決断力、記憶力、自信
・ラーフに対応の利益面 : 名声、富
・対応するマントラ : 「オーム・ガネーシャーヤ・ナマハ」あるいは「オーム・フーム・ナマハ」

原産国:ネパール
サイズ(長径×短径×高さ):22.3mm x 20.2mm x 16.4mm
※お渡しするビーズは写真のものになります。
※ご使用のモニタにより、ビーズの色彩は画像と異なる場合がございます。

※ビーズの加工方法について、オプションよりご選択ください。

赤や白の紐、ゴールドやシルバーのチェーンなどを用いて身につけます(動物の革紐は自然死以外のものは忌み嫌われています)。はじめて身につける日は、月曜日が吉日とされます。

※ルドラークシャ(金剛菩提樹)の効能・効果の記述は、インド古代の聖典や占星術師の証言などにもとづいています。使用感には個人差があります。

Mantra Audio File